シトロエン広島

スタッフブログ

山口・佐々木・松川

ディスクブレーキメンテナンスのコピー

[2017/03/12]

スタッフ:
山口・佐々木・松川
カテゴリー:
メンテナンスTips
皆様こんにちは、サービステクニシャンの藤田です。
さて今回の話題ですが、ブレーキディスクの話をしたいと思います。
ホイールと共に回転するブレーキディスク、制動時にブレーキパッドに擦り付ける為、距離を走れば必ず、摩耗します。特にシトロエン車はブレーキディスクの一番端に段差が出来てきます。
これは摩耗限度に達したディスクブレーキですが、新品と見比べて見ると良くわかります。
プジョー及びシトロエンは新品の厚みから2mm摩耗すると交換時期になっていますので、摩耗が
確認できる場合にはお客様に確認を取り確認が取れ次第、交換作業です。
この摩耗した状態で使用を続けると、ブレーキ鳴きが発生したり、ブレーキの効きが悪くなったり
するので早めの交換がお勧めです。特にヨーロッパ車のブレーキはブレーキディスクとブレーキパッドを
両方削りながらブレーキを効かすので、日本車と比べると摩耗の度合いが早いです。もしこのブログを見てブレーキディスクの摩耗がきになる方はお気軽にお問い合わせください。
Copyright © PEUGEOT CITROËN JAPON CO.,LTD. / CITROËN Hiroshima All rights reserved.