スタッフブログ

藤田 由紀

メンテナンストピックス

[2018/11/10]

スタッフ:
藤田 由紀
カテゴリー:
メンテナンスTips
皆さんこんにちは。サービス部の藤田です。
さて今日は、自動車の中でも重要な部品「ドライブベルト」についてお話しようと思います。
そもそも「ドライブベルト」ってどこについてるのでしょうか?
エンジンルームの写真ですが、エンジンの右側(運転席側)についています、でその「ドライブベルト」はどの様な役割をしているのかと言うと、エンジンの動力を使用し、エアコンコンプレッサーやオルタネータ(発電機)などをこのベルトで回しています。
もしこの「ドライブベルト」が切れたらどの様なことが起きるかというと、まずエアコンが効かなくなり、発電機も回っていないので、バッテリーの充電も行われなくなり、電気で動いているもの(ラジオ、カーナビ、エアコンのファンなど)が動かなくなり最初は蓄えた電気で(バッテリー)エンジンも駆動していますが、蓄えた電気が尽きると最悪の場合エンストしそのままエンジンが掛からなくなります。(ガソリンを燃やす火花も電気の力で起こしています)
シトロエン広島ではその様な事が起きないように定期点検時(車検、一年点検、6ヶ月点検)にドライブベルトを点検し劣化(ゴムのひび割れ)があればお客様に相談し作業しています。もし今までベルトの交換をしたことがない!!ドライブベルトの状態が気になる様ならお気軽にご相談下さい。