スタッフブログ

佐々木・山口・松川

車検についてご説明

[2019/08/05]

スタッフ:
佐々木・山口・松川
カテゴリー:
スタッフのオススメ情報
皆さんこんにちは!プジョーコンサルタントエキスパートテクニシャンの佐々木です。

だいぶ気温も高くなり、大変な時期になってきましたね。皆様はいかがお過ごしでしょうか?


今回は、車に乗る上で避けては通れない車検について、ご説明したいと思います。

みなさまもご存じとは思いますが、新車時から3年、その後は2年に一度、車の走行に支障を与えるような損傷が発生していないかを確認する為、自動車の検査をすることが法律で義務付けられています。

車検不合格となる損傷の種類も法律により決められています。その様な故障が発生していないかどうかを点検するのが私たちの仕事でもあるのです。
さらに、私たちメカニックの中でも、完成検査を実施出来るメカニックは、自動車検査員と言われる国家資格を持った者のみが実施できます。

見積りからご提案し、作業内容が決まれば、メカニックが作業し、自動車検査員が最後の完成検査を行い、合格すれば1台の車検が完了したことになります。

これが車検の流れになります。

見落としがあればそれは即車両の損傷につながり、事故の原因になってしまう為、その様なことが無いよう何度も確認し、お客様に万全の状態でお車をお返し出来るようにしています。

プジョー広島では、車検時に今後不具合が発生する可能性のある部品等も同時にご説明させて頂いております。見積りのみでも承っておりますのでお気軽にご連絡ください!

横山 遼

C3AIRCROSS デビュー

[2019/08/03]

スタッフ:
横山 遼
カテゴリー:
スタッフのオススメ情報
皆様、日頃より大変お世話になっております。


ついにシトロエンコンパクトSUV「C3AIRCROSS」がデビュー致しました。


ショールームにも展示しております。
一目みてシトロエンと分かるフロントフェイスに外装・内装ともお洒落です。

安全装備もしっかり付いており実用性もかなり高い車です。

試乗車はまだ到着しておりませんが近いうちに準備致します。

是非一度見に来て下さい!!
梅雨も明け本格的な夏となり暑い日が続くと思いますが皆さまお身体には十分に気を付けてお過ごしくださいませ。


今後ともよろしくお願い致します。

山根・宮廻・東・米田

板金塗装についてvol.2

[2019/08/02]

スタッフ:
山根・宮廻・東・米田
カテゴリー:
スタッフのオススメ情報
こんにちは!サービス部塗装の米田です。

今回紹介させていただくのは新品バンパーについてです。

新品バンパーはプライマーと言って結合力を補強するための塗料が塗ってある状態で届いてきます。

だからと言って、このままなにもせず綺麗に塗装が出来たとしても下地処理をちゃんとしていない事で色が剥がれたりしてしまいます。

綺麗な状態をより長く保つために下地処理は大切です。
まずは新品バンパーを空研ぎの800か1200番のペーパーで研いでから塗装になります。

ですがこのとき気をつけて作業しないと研ぎ傷を深くまでつけてしまいます。

深く傷がはいると塗装が終わり硬化した後からペーパー目が浮き出てくることがあります。

なので新品バンパーを研ぐ時はプライマーの硬さや色を確認してペーパーの番手を決めて研いでいます。

分かりづらいのですが研いだ後と研いでいない所の比較になります。

まだまだ覚える事が多くありますが小さな事でも気をつけながらお客様に満足して頂けるよう

頑張りますのでよろしくお願いします。

佐々木・山口・松川

ディーゼルエンジンの排ガス測定について

[2019/07/27]

スタッフ:
佐々木・山口・松川
カテゴリー:
スタッフのオススメ情報
サービスメカニックの山口です。

シトロエンのディーゼル車導入にともない車検の際、黒煙試験で必要な新しいテスターを紹介します。

この機械はオパシメーターといい、排気管より採取した排出ガスに光を透過させて、その透過率から粒子状物質による排出ガスの汚染度を測定します。
車両後方のマフラーにホースを差し込んで検査をします。

こんな感じで測定し合否判定しています。



プジョーシトロエンの場合はアドブルーという尿素水で排ガスをキレイにしています。

このアドブルーが無くなってしまうと汚れた排ガスが出てしまいますので、エンジンの始動が出来なくなります。

減ってくると前もって警告が出ますので、当店にて補充を行います。

目安は1年または10,000km程です。

警告が出て後は2,400km程走行可能ですので、焦らずご来店ください。


山根・宮廻・東・米田

板金塗装について

[2019/07/22]

スタッフ:
山根・宮廻・東・米田
カテゴリー:
スタッフのオススメ情報
こんにちは!サービス部板金の東です。

今回ご紹介させていただくのはパテです!


パテを塗る際に、私たちがどのような事に気をつけ塗っているのかを詳しく説明していきます!


まず、キズ ヘコミに塗りたい量だけ取ります。
オレンジ色のは硬化剤です!

パテだけでは固まらないので硬化剤が必要になります!

硬化剤はパテに対して、2%~3%の割合で加え均一よくまぜます!

ここで気をつけないといけないのが、硬化剤が少なすぎても多すぎてもトラブルの原因となるので指定の硬化剤を適正量使用しないといけません。
混ぜた際にこのうように白から黄色っぽく変わります

混ぜるときにも注意しなくてはいけない事があります
このように硬化剤が綺麗に混ざっていない状態で塗ると
いくら乾燥させても硬化不良をおこしてパテが固まりません!

しっかり混ざっているか注意が必要です!


綺麗に混ぜたパテをボディーに塗ります
乾燥させるには、強制乾燥 常温乾燥とどちらかで乾燥させます!

強制乾燥の場合は研磨可能まで20分~30分

常温乾燥の場合は研磨可能まで1時間ぐらい乾燥させます。



このように、私たちはパテを塗る時にいろいろな事に気をつけながらお客様のお車を修理しています。

お客様に満足して頂けるようにこれからも努めさせていただきます!