スタッフブログ

山根・宮廻・東・米田

板金塗装についてvol.2

[2019/08/02]

スタッフ:
山根・宮廻・東・米田
カテゴリー:
スタッフのオススメ情報
こんにちは!サービス部塗装の米田です。

今回紹介させていただくのは新品バンパーについてです。

新品バンパーはプライマーと言って結合力を補強するための塗料が塗ってある状態で届いてきます。

だからと言って、このままなにもせず綺麗に塗装が出来たとしても下地処理をちゃんとしていない事で色が剥がれたりしてしまいます。

綺麗な状態をより長く保つために下地処理は大切です。
まずは新品バンパーを空研ぎの800か1200番のペーパーで研いでから塗装になります。

ですがこのとき気をつけて作業しないと研ぎ傷を深くまでつけてしまいます。

深く傷がはいると塗装が終わり硬化した後からペーパー目が浮き出てくることがあります。

なので新品バンパーを研ぐ時はプライマーの硬さや色を確認してペーパーの番手を決めて研いでいます。

分かりづらいのですが研いだ後と研いでいない所の比較になります。

まだまだ覚える事が多くありますが小さな事でも気をつけながらお客様に満足して頂けるよう

頑張りますのでよろしくお願いします。

山根・宮廻・東・米田

板金塗装について

[2019/07/22]

スタッフ:
山根・宮廻・東・米田
カテゴリー:
スタッフのオススメ情報
こんにちは!サービス部板金の東です。

今回ご紹介させていただくのはパテです!


パテを塗る際に、私たちがどのような事に気をつけ塗っているのかを詳しく説明していきます!


まず、キズ ヘコミに塗りたい量だけ取ります。
オレンジ色のは硬化剤です!

パテだけでは固まらないので硬化剤が必要になります!

硬化剤はパテに対して、2%~3%の割合で加え均一よくまぜます!

ここで気をつけないといけないのが、硬化剤が少なすぎても多すぎてもトラブルの原因となるので指定の硬化剤を適正量使用しないといけません。
混ぜた際にこのうように白から黄色っぽく変わります

混ぜるときにも注意しなくてはいけない事があります
このように硬化剤が綺麗に混ざっていない状態で塗ると
いくら乾燥させても硬化不良をおこしてパテが固まりません!

しっかり混ざっているか注意が必要です!


綺麗に混ぜたパテをボディーに塗ります
乾燥させるには、強制乾燥 常温乾燥とどちらかで乾燥させます!

強制乾燥の場合は研磨可能まで20分~30分

常温乾燥の場合は研磨可能まで1時間ぐらい乾燥させます。



このように、私たちはパテを塗る時にいろいろな事に気をつけながらお客様のお車を修理しています。

お客様に満足して頂けるようにこれからも努めさせていただきます!

山根・宮廻・東・米田

鈑金道具紹介

[2019/06/24]

スタッフ:
山根・宮廻・東・米田
カテゴリー:
スタッフのオススメ情報
サービス部板金の山根です。

そろそろ梅雨入りしそうですね。
雨が降ると視界が悪くなりますから事故には気を付けてください。


さて、今日は新しい修理道具を紹介したいと思います。
通常、バンパーに穴が空いてしまうと「バンパー交換」というのが一般的ですが、それでは費用が高額になってしまいます。

そんな時の救世主をご紹介します。

この工具はハンダコテの先が特殊な形をしていて修理したい箇所に白い網状の補強材を貼ってアイロンのような形のハンダコテで溶かしてつけていきます。
そして最後にエポキシパテという樹脂の接着剤を塗れば完成です。
これで修理箇所の裏の補強は終了です。

次に表側をパテで埋めて形を整えて塗装を施したら完成です!

バンパーを交換せずに修理をしたいと言うご要望にお応えも出来ますのでお気軽にご相談下さい!

山根・宮廻・東・米田

塗装用計量カップ

[2019/04/06]

スタッフ:
山根・宮廻・東・米田
カテゴリー:
スタッフのオススメ情報
サービス部 塗装の宮廻です。

日差しが暖かく感じる季節になりました。

桜が咲き新元号も決まりワクワクしますね

今回 わたしが紹介するのは塗装で使用する計量カップです。

種類は様々で主に使っているのは1000CCカップ 600CCカップ 200CCカップの3種類です。

青色の蓋がついてるカップは外資系の計量カップで、しっかりとした蓋があるので保存ができ溢れることがないので、とても重宝しています。

調色の時に色を配合、塗装の時にシンナー希釈、クリアーと硬化剤を配合など、ある時は部品やネジ類を保管したりと色々な場面で活躍しています。

このような道具があるからこそ良い塗装ができているのだと思います。

これからも便利で良い道具を味方に、より良い仕事をしていきます。

シトロエン広島では車両のメンテナンスはもちろん、板金塗装まで自社工場で行っております。

お客様の愛車のすべてをサポートできるよう万全の態勢でお待ちしてます!

山根・宮廻・東・米田

新たに仲間になった道具

[2018/06/10]

スタッフ:
山根・宮廻・東・米田
カテゴリー:
メンテナンスTips
サービス部 塗装の宮廻です。


広島もとうとう梅雨に入り、塗装には、やっかいな時期になってしまいました。

しかし、天候が悪く、色合わせに大変な今、救世主が現れました。
以前 調色灯を紹介しましたが今回紹介させていただくのはコードレスでも使用可能なLEDタイプの調色灯になります。

調色灯と言っても持ち運びができるので様々な用途で使用可能になります。
ルーメン数(全光束)が最大2500lm、ルクス(照度)が最大3500luxと非常に明るく、さらに演色評価指数が96CRIと高演色。
また電気コードが取り外し可能により、色調の確認としてだけでなく、磨き作業や作業灯としてなど様々な環境下で広範囲にわたり、均一な明かりを照らし出す事ができる防塵防水機能付きのLEDライトです。
塗装中に隠蔽力が弱い色などは下地が透けていないか確認できるのとメタリックやパールなどの色ムラがないかなど様々な塗装作業に力を発揮してくれます。
塗装ブースでは電源がないためこのように持ち運びができると、とても便利です。
これからも確実な作業でお客様に満足していただきたいと思います。
お気軽にご相談ください。