スタッフブログ

佐々木・山口・松川

車検についてご説明

[2019/08/05]

スタッフ:
佐々木・山口・松川
カテゴリー:
スタッフのオススメ情報
皆さんこんにちは!プジョーコンサルタントエキスパートテクニシャンの佐々木です。

だいぶ気温も高くなり、大変な時期になってきましたね。皆様はいかがお過ごしでしょうか?


今回は、車に乗る上で避けては通れない車検について、ご説明したいと思います。

みなさまもご存じとは思いますが、新車時から3年、その後は2年に一度、車の走行に支障を与えるような損傷が発生していないかを確認する為、自動車の検査をすることが法律で義務付けられています。

車検不合格となる損傷の種類も法律により決められています。その様な故障が発生していないかどうかを点検するのが私たちの仕事でもあるのです。
さらに、私たちメカニックの中でも、完成検査を実施出来るメカニックは、自動車検査員と言われる国家資格を持った者のみが実施できます。

見積りからご提案し、作業内容が決まれば、メカニックが作業し、自動車検査員が最後の完成検査を行い、合格すれば1台の車検が完了したことになります。

これが車検の流れになります。

見落としがあればそれは即車両の損傷につながり、事故の原因になってしまう為、その様なことが無いよう何度も確認し、お客様に万全の状態でお車をお返し出来るようにしています。

プジョー広島では、車検時に今後不具合が発生する可能性のある部品等も同時にご説明させて頂いております。見積りのみでも承っておりますのでお気軽にご連絡ください!

佐々木・山口・松川

ディーゼルエンジンの排ガス測定について

[2019/07/27]

スタッフ:
佐々木・山口・松川
カテゴリー:
スタッフのオススメ情報
サービスメカニックの山口です。

シトロエンのディーゼル車導入にともない車検の際、黒煙試験で必要な新しいテスターを紹介します。

この機械はオパシメーターといい、排気管より採取した排出ガスに光を透過させて、その透過率から粒子状物質による排出ガスの汚染度を測定します。
車両後方のマフラーにホースを差し込んで検査をします。

こんな感じで測定し合否判定しています。



プジョーシトロエンの場合はアドブルーという尿素水で排ガスをキレイにしています。

このアドブルーが無くなってしまうと汚れた排ガスが出てしまいますので、エンジンの始動が出来なくなります。

減ってくると前もって警告が出ますので、当店にて補充を行います。

目安は1年または10,000km程です。

警告が出て後は2,400km程走行可能ですので、焦らずご来店ください。


佐々木・山口・松川

オススメ 商品

[2018/03/08]

スタッフ:
佐々木・山口・松川
カテゴリー:
スタッフのオススメ情報
サービス部メカニックの松川です。

今回ご案内させて頂くのはこちら!!

純正オプションのドライブレコーダー
スマートレコWHSR-510
こちらのドライブレコーダー多機能なのにかなり使いやすいドライブレコーダーなんです。
個人的に良いと思う所はマイクロSDの定期的なフォーマットが必要ないのでとても便利です。

さらにオプションの後方カメラを取付すれば、後方からの追突されて逃げられてしまった場合や煽ってくるクルマの車種・ナンバー・顔などの録画もできます。
ドライブレコーダーの取付を検討されているお客様は、サービスフロント又は担当営業にご連絡下さい。

佐々木・山口・松川

connectedCAM ご紹介

[2017/10/08]

スタッフ:
佐々木・山口・松川
カテゴリー:
スタッフのオススメ情報
サービス部、メカニックの松川です。
10月に入り涼しいが徐々に寒くなってくる季節風邪をひかないように気をつけたいと思います。
今回は、新型C3に搭載されているカメラを使う為のアプリを紹介したいと思います。
新型C3はこのアプリを使用することにより室内から撮影、動画などを撮ることが可能になります。

この画像は車内からカメラで撮影したものになります。

是非一度、新型C3をご覧いただき、体感してみてください。

試乗車を用意してお待ちしております。

佐々木・山口・松川

ディスクブレーキメンテナンスのコピー

[2017/03/12]

スタッフ:
佐々木・山口・松川
カテゴリー:
メンテナンスTips
皆様こんにちは、サービステクニシャンの藤田です。
さて今回の話題ですが、ブレーキディスクの話をしたいと思います。
ホイールと共に回転するブレーキディスク、制動時にブレーキパッドに擦り付ける為、距離を走れば必ず、摩耗します。特にシトロエン車はブレーキディスクの一番端に段差が出来てきます。
これは摩耗限度に達したディスクブレーキですが、新品と見比べて見ると良くわかります。
プジョー及びシトロエンは新品の厚みから2mm摩耗すると交換時期になっていますので、摩耗が
確認できる場合にはお客様に確認を取り確認が取れ次第、交換作業です。
この摩耗した状態で使用を続けると、ブレーキ鳴きが発生したり、ブレーキの効きが悪くなったり
するので早めの交換がお勧めです。特にヨーロッパ車のブレーキはブレーキディスクとブレーキパッドを
両方削りながらブレーキを効かすので、日本車と比べると摩耗の度合いが早いです。もしこのブログを見てブレーキディスクの摩耗がきになる方はお気軽にお問い合わせください。